小学生のための英語勉強法まとめ » ママ必見!小学生のための英語上達ノウハウ

ママ必見!小学生のための英語上達ノウハウ

このカテゴリでは、小学生のための英語上達ノウハウを特集しています。

英語を自然に身に着けるための5ステップ

男の子と女の子とのイラスト

小学生のうちから英語教育を行い、将来、実践的な英語力を持つ子供に育てたいと考えている家庭が、いま増えています。

その背景には、小学校高学年での英語必修化が予定されていることが大きく関わっているのではないでしょうか。

しかし、遊びたい盛りのこどもたちに無理に英語教育を受けさせようとすると、拒否反応を起こし「英語は大嫌い!」となってしまいます。

そうなってしまっては逆効果。ですのでなるべく自然に、できるだけ楽しみながら英語に慣れさせていく工夫が必要になってきます。

方法は簡単!1度にすべてを覚えさせようとするのではなく、きちんとしたステップを踏ませること。これだけで英語を抵抗なく受け入れることができるのです。

そのステップを以下で紹介していきます。

Lesson1…楽しむ気持ちを育もう
小学生の英語教育は「まず楽しく」から!子供が英語に対して自然に興味を持ち、しかも継続しやすい英語学習をスタートさせるために必要な姿勢や教材を調査しています。

>>【初めての英語】英語は楽しい!

Lesson2…聞き取れてからがスタートライン
読み書きができてもそれだけでは意味がない!小学生の英語でリスニングを重視する理由とは?
アルファベットを習得したら、まず始めるべき「リスニング」について解説しています。

>>英語耳を育てよう

Lesson3…英語にも効果を発揮!多読のすすめ
読み書きとリスニング力を身につけたからといって、安心してはいけません。リーディング力をつけてこそ、英語上達の道は開けてくるのです。
そのリーディング力をつけていく方法を、以下のページで紹介していきます。

>>多読は英語でも効果的

Lesson4…日常生活を英語とともに
英検取得レベルにまで達したら、その英語を今度は生活の中に取り入れてみましょう。そうすることで、さらなる英語力の発展が見込めます。
では、どのように日常生活に取り入れていけばいいのでしょうか?

>>【更に上達!】日常的に英語を使おう

Lesson5…フォニックスについて
英語の読み書きができるようになると言われているフォニックスは、はじめる時期が大事と言われています。フォニックスのメリットを活かしてさらに英語力がアップ。
以下のページで、学習方法の解説をしていきます。

>>フォニックスで英語力アップ

小学生に自宅での英語学習をおすすめする5つの理由

小学生の英語上達のためには上記のステップを踏むことが重要ですが、そこまでして自宅で英語学習をさせる意味はあるのか?考える方も多いはず。
なぜ、小学生のうちから自宅で英語学習をする必要があるのでしょうか。

5つの理由をご紹介します。

1. リスニング・スピーキングは小さいうちに習得させるのが大切!

日本人はライティング、リーディングは得意ですが、リスニング、スピーキングは不得意と言われています。ライティング、リーディングの力は大きくなってからでも十分に養うことができますが、リスニング、スピーキングは聴覚の発達が完了してからでは習得が難しくなります。

聴覚の発達途中である小学校低学年のうちからリスニング、スピーキングの力を養うことで、最終的な英語力は大きく変わってくるはずです。

2. 自宅では子どもの気分に合わせて英語学習ができる!

英語の学習塾などに通わせるのもいいですが、自宅学習なら子どもの気分に合わせて学習させることができます。

小さい子どもは気分の変化が大きく、決められた時間に学習するという力がまだ身についていないことも。そんな段階で決められた時間に塾に通わせていると、英語に対して苦手意識を持つようになってしまうかもしれません。

自宅での学習なら、子どもの気が向いたときに英語を学ばせられます。自宅での英語学習はある程度の英語力がないと難しい部分もあるので、自然としっかり英語を身に付けることができますよ。英語教材が魅力的なものであれば、おもちゃやゲームを手に取る感覚で英語学習を続けられるようになるでしょう。

また、オンラインで英語講師と話すタイプのレッスンも人気ですが、これも上記と同じ理由で子どもの気分に合わないとなかなか難しいかもしれません。

受講内容によっては毎回講師が変わってしまうこともありますので、子どもも戸惑ってしまいますね。

3. 親の英語力も養われるため日常的に英語と触れ合う機会が作れる!

自宅で英語を学習させる場合、親が一緒に寄り添って英語を学ばせてあげることが大切です。親も一緒に子どもの英語教材に触れる時間が多くなるため、自然と親にも英語力が身につくようになります。

親の英語力が高くなると、子どもとの日常会話の中でも自然と英語に触れる機会が多くなり、結果的に子どもの英語力を高めてあげられることになります。

小学生の子どもに英語を自宅で学習させたいとお考えの方は、英語教材を与えっぱなしにするのではなく、一緒に教材に触れる時間を作り、学習時間や採点結果なども子どもと一緒に見るようにしてあげましょう。

4. 英語を日常生活に取り入れることで英語脳に!

英語を塾など自宅と違う場所で習わせようとすると、子どもには「英語=特別なもの」という認識が生まれてしまいます。毎日の長い時間を過ごす自宅で英語を学習させることで、英語が日常生活になじみ、「英語=生活の一部」という認識をさせてあげることができますよ。

英語が特別なものではないと思えるようになると、大人になってから英語を学ぶときにありがちな英語への拒否反応も感じにくく、すんなりと英語を受け入れられるようになります。

英語は勉強するもの、という考えもないうちに自宅で英語に触れる機会を作ることで日本語を習得するようにナチュラルに英語を脳内で理解する、英語脳を養うことができます。

5. 大きくなってからでも本格的に英語を学びやすくなる!

小学生のうちから英語を自宅で学ぶ習慣がついていると、中学生、高校生、大学生と大きくなって学校で本格的に英語を学ぶようになってからも役立ちます。

英語の基礎がしっかりできているので学校での授業に乗り遅れることもなく、小さいころからやっているように気軽に学習することができるのです。

英語は今後、その重要性を増していくことでしょう。どれだけ学んでも損することはありません。自宅での英語学習を始めて、英語力を少しで高めてあげましょう。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション