小学生のための英語勉強法まとめ » ママ必見!小学生のための英語上達ノウハウ » あなたの家庭は大丈夫?小学生の英語教育NG例をご紹介!

あなたの家庭は大丈夫?小学生の英語教育NG例をご紹介!

2020年度より小学生の英語教育が変わります。小学3年生から必修化され、小学5年生からの教科化がスタートします。

教科化されるということは、算数や国語の授業と同じように、教科書が準備されその学習具合のテストも行うことを意味します。

つまり、既存の教科に加えて英語の成績もつけられるということが始まるのです。

小学校からの英語教育

小学校において英語教育が開始されても、それは小学校だけで終わるものではありません。他の科目同様に中学、高校と進学後はより高度な英語を学んでいくことになります。

子供が勉強に対して苦手意識を持つとき、勉強が嫌いになるときは、必ずと言っていいほど、前に進めないつまずきがあるはずです。このつまずきを乗り越えることが、学習の楽しみを実感させ、勉強の意欲を高めさせることにつながります。

この点からも、小学校における英語教育は、スタート時点で英語に苦手意識を持たせないために重要なタイミングとなります。

親としてはこれからますます進むであろう国際化社会に向けて、そして今後の受験に向けて小学生のうちから英語に触れあい、英語を身につけてほしいと思うところではないでしょうか。

しかし、この親の期待が子供にとって逆効果となってしまう場合もあります。

ここでは、子供のやる気を失ってしまう、やってしまいがちな英語教育におけるNG例をご紹介します。

NG例1:「英語=勉強=楽しくない」という印象を与える 

つまらなそうな子供

英語に限らず、親が勉強しなさいと言えば言うほど子供は勉強を義務だと感じるようになります。

親が「あなたのためを思って言っているのよ。」と伝えたとしても、子供にとっては親を怒らせないための親のための勉強になってしまいます。

子供は知らないもの珍しいものに対して、大人よりも大きな好奇心を抱くものです。英語という耳慣れない言葉に対しても、日本語とは違う発音や言葉のリズムに興味を示すはずです。

その気持ちを持続させ、英語は楽しいものだという感覚を与えることが大切です。

英語の勉強の前に覚えやすくて楽しいリズムの英語の歌を一緒に歌ったり、手遊びをしたり、感覚的に英語を楽しく感じられるような工夫をすると、子供に英語は楽しいものだという印象を与えることができるでしょう。

NG例2:勉強を一人でさせる

英語に苦手意識を持たせないためには、まず英語を好きになることが大切です。

そのためには英語の教材を与えて一人で勉強させるのではなく、横に並んで一緒に勉強をすることをおすすめします。

分からないことや出来ないことは誰だって苦手だと感じます。これは大人も子供も同じことです。小学生の英語教育では、それほど難易度の高い内容を勉強するわけではありません。

子供と一緒に英語を楽しむ姿勢は、子供に英語は楽しいものだという印象を与えます。

また、横に並べば子供がどこにつまずきを感じているのかがすぐにわかり、子供の疑問をその場で解消してあげることができます。

「勉強しなさい」ではなく、「一緒に英語の勉強をしよう」と声掛けをし、英語の勉強は親子の時間にしてみてはいかがでしょうか。

NG例3:子供の発音を馬鹿にする

子供は大人よりも耳がよいため、日本語と英語の発音の違いもうまく聞き分けられると言われています。

大人は、カタカナ英語に慣れていることもあり、例えば「Thank you」は「サンキュー」、「Hello」は「ハロー」と日本語の発音に置き換えてしまいます。

しかし、子供は耳にした言葉を聞こえたとおりに発音することができます。アクセントや抑揚も聞こえたまま、ネイティブスピーカーの真似をすることができます。大げさなくらいだって問題ないのです。

でも、子供が気持ちよく英語の発音を真似る横で、その大げさな話し方を笑ったり、馬鹿にしたりしてしまうと、子供は自分の英語は恥ずかしいものなのだと思ってしまいます。いったん恥ずかしさを感じてしまえば、もう大きな声で英語を口にすることはなくなります。

多少発音がずれていることもあるでしょうし、長い文章であれば途中で間違えることもあるでしょう。多少の間違いがあったとしても、子供が英語を楽しく身につけられているのであれば、それは大きな問題ではありません。

子供の英語に対するモチベーションを邪魔することのないよう、子供の英語を馬鹿にすることは決してやってはいけないことです。

NG例4:良いところを褒めない

子供を褒めることにデメリットはありません。良いところ、良くできたところをどんどん褒めてあげることが、その子の長所や能力、意欲をぐんぐん伸ばすことにつながります。褒めてもらうことは、自分の頑張りや力が認めてもらえたことだと感じます。

親に認めてもらえることは子供の自信につながります。もっと頑張ったらもっと褒めてもらえるということを知っている子供は、次から次へと新しいことを吸収する意欲が高まっていきます。

逆に「どうしてこんなこともできないの?」、「これがわからないなんて、あなたは頭が悪いのね。」そんな言葉は決して子供の力を伸ばすことにはつながりません。

間違ったところやできないところがあっても、できたところが一つでもあればできたところを褒めるのを忘れないようにしましょう。

NG例5:他の子と比較する

「〇〇くんはこんなこともできるって言っていたわ。」、「◆◆ちゃんは、こんなの簡単に出来るみたいよ。」とかく同じ学年の子供たちと比較をしがちですが、子供にとっては同じ年のお友だちと比較し、自分ができないと言われることは、自分が劣っていることを認識し自信を無くす原因となります。

小学生くらいの子供にとって、親は自分を一番知り、一番認めてくれる存在であってほしいものです。

その親が自分のことではなく、周りの友人たちの方を認めるということは、子供にとってとてもつらいことです。

他の子のことをどのくらい知っているのかと聞かれれば、知っているのはほんのわずかな情報のはずです。

その情報をわが子と比較し、一喜一憂するのではなく、他人と比較することなく自分の子供のわずかな成長も逃さず、そこを認めてあげるようにしましょう。

NG例6: 勉強の途中で怒る

泣く子供

子供にとって親に怒られることは、とても悲しく嫌な気持ちになることです。勉強をしながら親に怒られると、勉強をする時間イコール親に怒られる時間だと認識してしまいます。

何度言っても同じことを間違えたり、昨日勉強したことを忘れてしまったりしていても、勉強の途中で怒りつけると子供のやる気は急速に失われていきます。

特に英語であれば、似ている単語と間違えること、日本語と英語が混同してしまうこともあるでしょう。そんな時に「何回言ったらわかるの?」などと怒ることなく、間違えたことは「似ている単語を発見できたね、すごいね!」と間違いさえも子供の気づきだと置き換えられるような根気強さが必要です。

NG例7:長時間の勉強を強いる・一度にたくさんのことを覚えさせようとする

子供が集中して一つのことをできる時間は限られています。あまり長い時間勉強をさせようとしても、途中で飽きてしまい、勉強が身につかないばかりかその時間が苦痛なものになってしまいます。

また、一度にたくさんのことを覚えさせようとすることもNGです。一度に長くたくさんではなく、毎日少しずつを継続することが大切です。

小学生は、日本語だってまだまだ難しい言葉や漢字を知らない時期です。

そんな年齢の子供たちが新たな言葉として学ぶ英語には、難しい単語や複雑な文法が必要なわけではありません。日本語とは違う英語独特のリズムを感じ、覚えた英語を話すことで褒められる喜びを感じ、英語の楽しさを理解し、英語を好きな気持ちを高める時期です。

日常生活の中でも、挨拶や会話の中に覚えた英語を取り入れるなど、勉強の時間だけでなく英語と触れる時間を作ることで、英語を特別な勉強ではなく、楽しく身につけられるものだと子供の印象を与えることが大切です。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション