【初めての英語】英語は楽しい!

初心者レベルからスタートする、小学生の英語学習について考えています。

初心者レベルからスタートする小学生の英語学習

小学校での英語必修化が本格的に検討され、小学生の英検受験者も急増している近年。「我が子にも英語教育を…」と検討しているご家庭は多いと思います。

しかし「どうやって始めたらいいのだろう」と考えるのも、また当然ですね。生まれて初めて英語に触れる子供はもちろん初心者ですが、親も英語教育に関しては、初心者だからです。

まずは楽しく、されど…

小学生と英語英語学習と聞くと、自身が体験してきた「受験英語」を連想する親御さんは多いと思います。例文や単語暗記は、根気と集中力が必要な勉強法。自分も苦労した覚えがあればこそ、我が子にもつい厳しくなるかもしれません。

しかしいわゆる「受験英語」の教育法は、文部科学省でも見直されつつあります。「テストは高得点でも、実際には話せない」学生が量産されてしまった反省があるからです。

ですから、小学生の英語教育は「まず楽しく」から始めてみましょう。最近では、タブレットなどを活用するゲーム感覚の教材も多数発売されています。内容はもちろん初心者レベルだから安心。これらを利用することで、子供が自然に興味を持ち、しかも継続しやすい英語学習がスタートできるのです。

英語は「勉強」で「苦手」という意識が芽生えてしまう前に、「楽しめる遊び」と認識させられればしめたものですね。

ただし注意しなくてはならないのは、「楽しむ」要素を盛り込みすぎている教材は選ばないこと。例えば子供の好きなマンガの翻訳本なども発売されていますが、子供の注意が、英語よりもキャラクターに向かいすぎてしまうと、本末転倒の結果を招いてしまいます。また必要以上のエンタメ要素は、子供の「もっと、もっと」を誘発します。本来の目的を見失わないよう、目を光らせることが大切です。

無料教材を安易に利用しない

近年はYou Tubeなどの動画サイトに、無料で利用できる英語教材なども公開されていますが、慎重に検討を。

有料の教材は費用がかかる分「小学生が英語を身に付けるために必要な要素」を、きちんと踏まえたうえで作成されています。同じ利用期間で学習効果に大きな差が出てくる可能性もありますよ。

親も一緒に勉強しよう

小学生にとって、英語は未知のものですから、まず親子一緒に勉強をスタートするのがおすすめ。毎日数十分でも、一緒に教材を音読するなどの習慣をつけてみてください。

その際に認識しておきたいのが、親自身の弱点。例えば「私って、発音が悪いのよね…」という苦手意識を持っていると、自然と子供にもそれが伝わります。子供は本能的に、親が嫌がることを避けようとしますので、弱点が受け継がれてしまう可能性があるのです、

そんな時は「ママって発音が悪いのよね…、●●ちゃんはママよりすごい!」と褒め、子供の競争心や承認欲求を上手に活用するようにして下さい。こうした試みが、小学生と英語の関わりを深くし、実践力の高い英語を育んでいくことに繋がります。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション