学年別で見る小学生の英語学習法

効率的に身につく!学年別で見る小学生の英語学習法

最近では小学生でも英語学習の重要性が高まっています。文部科学省でも小学校高学年から英語を必修科目としたい考えがあるようで、外国語専門部会で議論を重ねている噂もあります。英会話を社員に義務付ける企業も現れている昨今では、早期の英語学習が子供の人生において有利に働く機会が増えているとも言えるでしょう。しかし経験上、英語を身につける難しさは皆さんもよくわかっていると思います。子供たちが意欲的に英語学習に取り組めるよう、成長の段階に合わせた無理のない指導を行うように心がけましょう。

1~2年生は遊びの中で英語に親しませる時期

幼稚園を卒園して学習を本格的に始めるようになる時期ですが、まだ幼稚園の楽しかった経験が残っている子供は多いはず。学習も楽しい行為として捉えることができる子ならよいのですが、なかなかそうもいかないのが現実でしょう。普通の学習ですら身につけさせることが難しいのですから、英語教材を用意していきなり本格的に学ばせるわけにもいきません。この時期に無理強いすると嫌悪感を抱かせてしまいかねないでしょう。まずは「学ばせる」のではなく「遊ばせる」という考え方で英語に接するようにしてください。例えばクイズなどはいかがでしょうか。「これは英語で何だろう?」というように語彙を増やしていけば親子のコミュニケーションにも繋がると思います。語彙が増えれば子供も楽しそうにいろいろなものを指差しながら英単語を話すようになります。この時期は身近で楽しいものとして英語を認識してもらうように心がけましょう。

3~4年生は好奇心を利用して英語を日常的なものにする

子供もこの時期になると好奇心の延長として学習に取り組めるようになってきます。親から言われなくても自分の知的好奇心を満たすために行動できるようになるので、英語教材など子供が要求することに対してなるべく応えてあげるのが理想的です。望まない子供に英語教材を押し付けるのではなく、自分から欲しがるようになっているとよいわけです。受け身にさせるのではなく、すすんで行動させることが秘訣です。また、対人関係においてコミュニケーションの欲求が広がるのもこの時期です。できれば親も英語に興味をもって英語でコミュニケーションする機会を増やしてみてはいかがでしょうか。普段の生活で、親子で簡単な英語を使って会話してもいいかもしれませんね。

5~6年生は言語として複雑な内容へ徐々に移行

物事を深く考え、理解できるようになってくる年齢です。英語もそろそろ単語レベルの片言を卒業して文法に沿った「言語」に移行してよいでしょう。これまで身につけてきた語彙が活用できることもあり、簡単な文法であれば敷居もそう高くはないでしょう。中学に進んでからも学校での英語学習へ容易に移行できるメリットもあります。聞いたり話したりする機会を増やし、読み書きもできるところから初めていきましょう。可能であれば英検4級くらいのレベルを目指してみてもいいかもしれません。

学年別英語学習法のまとめ

スポーツなどと同じで、成長段階によって適した指導法が英語学習にもあります。日本の場合は諸外国と異なり、産まれた時から身の回りは日本語を話す人ばかりです。英語ネイティブのいない環境で育つ日本の子供にとって、英語は親しみの薄い未知の言語です。我々大人は、中学でいきなり文法から学び、挫折してしまったことは身をもって知っていることでしょう。子供たちにはそのような経験をさせないように、身近なものとして自然に身につくようにしたいものです。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション