【更に上達!】日常的に英語を使おう

小学生の英語教育が軌道に乗ったらプラスしてみたい、「日記をつける」などの試みについて紹介しています。

日記をつけてみる【小学生の英語教育】

小学生の英語「小学生のうちから、将来に役立つ英語教育を…」と、期待と不安の入り混じった目で子供を見守っている親御さんは、数多くいます。

もちろん成果は家庭により異なるでしょうが、初歩的な読み書きをクリアしたうえで、リスニングや読書の機会を多く与えられてきた子供は、英検合格など一定の成果を上げることが多くなっています。中には「驚くほど流暢な発音で英語を話す」と誇らしげに語る親御さんも。

とは言え、子供にとってここまでの「英語学習」は親から与えられてきたもの。自分で自主的に掴み取ってきた機会ではありません。将来、英語を操るのは子供本人ですから、ある程度の年齢とレベルに達したら、自我の芽生えと英語を上手にリンクさせてあげると効果的。さらなる英語力の向上が期待できるようになります。以下のような試みは、非常に有益ですよ。

DVDを見る

多くの子供は、ディズニー映画などが大好きです。初めは日本語字幕で、次に英語字幕で、最後には字幕なしで鑑賞を楽しめるようになった時、子供の頭の中には新たな語彙や例文が数多く蓄積されているでしょう。

音楽を聴く

ポップスやロックスターの存在は、子供の自我確立の中で大きな役割を果たしています。本人が気に入った洋楽アーティストの国内盤CDを購入してあげれば、歌詞カードや対訳もついています。

最も、歌詞というのは言語表現の中で最も曖昧なもののひとつで、抽象的。スラングも多くなっています。こうした最先端の現実に直接触れることで、より実践的な英語習得への手がかりをつかむことができるでしょう。

ただし、あまりにも過激なイメージを振りまくアーティストの作品は、多感で繊細な小学生にとって悪い影響を与えかねませんから、本人が望んでも避けるのが無難かもしれません。

日記をつける

形式ばった表現や模範解答を必要としない日記は、よりパーソナルな英文、自分らしい表現法を磨くのに役立ちます。初めは少ない文章でも良いので、習慣にさせましょう。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション