HOME » 小学生を取り巻く英語教育の今

小学生を取り巻く英語教育の今

このカテゴリでは、小学生を取り巻く英語教育について考えています。

結論として、「できるだけ早い段階での英語教育」をこのサイトを通して推奨しています。「その結論に行き着いたのはなぜなのか」を、以下のページにて解説していきたいと思います。

早期英語教育のメリット・デメリット

近年、日本における英語教育は大きな転換点を迎えつつあります。これまでは中学校から英語教育が本格的に始まり、高校~大学受験ではその得点が大いに重要視されてきました。特に、大学受験では理系の学部にも英語のテストがあり、その得点が低いと希望の大学には進学できなくなっています。

ただし、中学~高校と続く英語教育も、実際に外国人と会話する際に役立つ「会話力・コミュニケーション能力」ではなく、試験で点数を上げるのに役立つ「受験英語」ばかりが重視されてきたのです。このため、「テストの点はいいが実際には話せない」という学生が量産される結果となりました。

こうした失敗を反省し、文部科学省は英語教育全般を見直しつつあります。それが早期英語教育の実施です。

>>早期英語教育のメリット・デメリットを見てみる

小学校の英語必修化に向けて

文部科学省の早期英語教育の先駆けとして、2011年に小学校における「5~6年生の外国語活動」がスタートしました。ただ、こちらは「教科」ではなく、道徳の授業と同じ「領域」という非常に曖昧な位置づけです。

この段階を経て、2020年には「小学3~4年生における外国語活動、5~6年生における英語教科のスタート」が実行される見通しです。

また、授業の内容にも大きな見直しが行われるようです。それに向けて私たちはどのように対応していけばいいのでしょうか。

>>小学校の英語必修化に向けての心構えとは

結論:早期英語教育は本当に必要か?

これまでの「詰め込み式受験英語」ではなく、より実践的で会話力を重視した英語教育が行われる可能性が高まっています。こうした変化を受け、「なぜそれほど、英語を重視するのか」という疑問の声も挙がっているのは事実です。

以下のページでは、早期英語教育の必要性について詳しく解説しています。

>>早期英語教育は本当に必要か?

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション