小学校の英語必修化に向けて

このページでは、小学生の英語教育必修化に向けた心構えについて紹介しています。

小学生の英語教育必修化に向けた心構え

現在小学5~6年生で必修化されている「外国語活動」の開始を小学3~4年生に早め、さらに小学5~6年生から英語を必修科目にする。

東京オリンピックが開催される2020年に向け、これらの改革が実現される見通しになっています。その背景には、これまでの日本の英語教育への反省が見られます。

  • 中学校から始まる英語教育を経ても、実際に活用できるレベルにまで達していない人が多い。
  • 受験で点数を上げるための教育ばかりが重視され、「話せる力」が身についていない。

「受験英語ではなく、より実践性の高い本物の英語力を」という、健全な方向転換と言えるかもしれません。そのため今後、受験の英語科目の中には「スピーキング」が導入される可能性も高くなっています。

小学生の英語教材・スクール利用にも意識改革を

親となり、子供の英語教育に熱心な方々の中にも、「自分は英語力が十分ではないので、子供に同じ思いをさせたくない」「実践的な英語を、進路を開くための武器にして欲しい」と考えている人は多いのではないでしょうか?

英語教育イメージそのような親御さんにとって、今後に控えている英語教育制度の改革は、朗報と言えるかもしれません。同時に、これまで「学校の授業が始まる前の準備」として与えてきた英語教育(教材やスクールなど)を、今一度見直す機会が到来しています。

先述の通り、これまでの日本の英語教育は「受験用」であり、いわゆる「詰め込み式」であったと言えます。実際の会話で使用される表現よりも、試験に登場する例文を学ぶことが重要視されてきたのです。

しかし今後は、細かな間違いよりも、大局的な見地から英語を習得することにウエイトが置かれ始めるでしょう。そのために必要なのは「英語への抵抗感を軽減する」こと。

早くから「勉強」として単語や文法を詰め込み、子供たちに「英語への拒否感」を植え付けてしまうのではなく、「楽しいもの」として親しませる姿勢がより重要となってきます。

英語教育をより良いものにしていくためには、親たちの意識改革も必要不可欠となってくる時代なのです。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション