小学生のための英語勉強法まとめ » 小学生を取り巻く英語教育の今 » 結論:早期英語教育は本当に必要か?

結論:早期英語教育は本当に必要か?

このページでは、子供の英語教育の必要性について考えています。

子供の英語教育が必要な理由とは

小学校での英語教育実現が秒読み段階に入ってきています。東京オリンピックが開催される2020年に向け、さまざまな準備が進められているのです。中には「英語教育を急ぐよりも、母国語である日本語教育を優先すべきだ」という反対意見も挙がっています。

しかし現実的に考えれば、子供の英語教育は必要。現時点でも中学校から必須科目なのですから、今後はもっと早い段階から英語教育をスタートした方が良いはずです。その理由は、数多くあります。

【子供に英語教育が必要な理由】

  • 脳の発達が最も盛んな小学校中~高学年の間には、より効率の良い英語習得が期待できる。
  • 英語力が底上げされることで、子供の将来の選択肢が増える。
  • 早くから英語を学んでおけば、将来、進路に直接関係する専門性の高い教科の習得に時間を割きやすくなる。

いかがでしょうか?やはり英語教育は、できるだけ早くスタートさせた方が良さそうです。

二極化が進む現状

子供英語の本格的な習得には、それなりの教育が必要となります。そのため、環境を用意する親の意識で、子供の英語力には大きな差異が生じているのが現状です。「小学生のうちから英検を取得する子」と「全く話せない子」が混在するという、二極化が進んでいるのです。

親によっては「無理して英語を覚えなくても、充分生きていける」という意見もあるでしょう。

しかし、例え子供が「技術が物を言う料理人」という職業を志したとしても、英語力が無関係と言い切ることはできません。英語力があることで海外での修行経験が有益なものとなり、将来のチャンスに大きな差が生まれる、という展開も考えられるのです。事実、サラリーマンに対するアンケート調査で「英語ができる人は、平均220万円も高い年収をもらっている」という結果も出ています。

「我が子の将来をより良いものしてあげたい」と考えるのなら、迷う必要はありません。できるだけ早い英語教育の機会を与え、幅広い可能性を持つ大人へと育てていきましょう。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション