小学生のための英語勉強法まとめ » 小学生を取り巻く英語教育の今 » 小学校の英語必修化による問題点は?教師の負担増加などを解説

小学校の英語必修化による問題点は?教師の負担増加などを解説

現在、小学校では5・6年生に英語が必修化されており、「外国語活動」が行われています。

これはあくまでも「活動」の一環ですから、「音声を中心に外国語に慣れ親しませること」を中心とした活動となっています。

そんな中、2020年から、5・6年生に英語を「教科」として取り入れることが発表されました。教科ですから、他教科と同じく「成績がつく」ということです。また、「外国語活動」が3・4年生に前倒しになるといわれています。

小学校での英語教育にはさまざまなメリットがありますが、今回は、問題点について考えてみましょう。

教師の負担が増える

ある調査では、小学校での英語教育について、保護者は「全体の7割以上が賛成」。一方、教師は「全体の半数以上が反対」という結果がでました。

教師に英語の指導力が求められる

子どもたちに教える以上、教師側には英語の指導力が求められます。今まで英語を扱ってこなかった学級担任が授業を行う場合、指導力が伴わないことも考えられます。

ネイティブスピーカーの「専任教師を採用する」という手もありますが

  • 雇用のための費用がかかる
  • 打ち合わせなどに時間を要する

といった難点があります。

「楽しさ」と「質の高さ」が求められる

小学校での英語教育は、子どもに「英語は楽しい」という意識を芽生えさせることが大切です。また、もちろん質の高い授業も提供しなければいけません。ただでさえストレスが多いといわれている小学校教師という職業。今まで以上に負担がかかってしまう可能性があります。

日本語能力の低下につながる

英語以外の時間が減る

小学校の授業に充てられる時間には制限があります。

そのため、英語を必修化するということは、その分、ほかの教科の時間が減ってしまいます。

  • 英語よりもっと国語に力を入れるべき
  • 英語より道徳教育に重点をおくべき

という意見を挙げる人も多くいます。

「日本語能力」と「思考力」が低下する可能性も

そもそも、小学生は、母国語である日本語もまだ完全に習得できていないはずです。国語の授業時間が減ることで「日本語能力が低下するのではないか」という意見もあります。また、日本語の意味を理解することは、思考力を育むことでもあります。そのため、日本語能力が低下することで思考力も低下するのではないかと危惧する声もあるのです。

英語教育は「本人のやる気」と「よい教材」で身につく

上記の問題点をすべて解決しないことには、小学校で英語を学ぶ意味がなくなってしまいます。まずは、問題点を早急に解決する必要があるでしょう。

また、学習において、最も大切なことは「本人のやる気」といえます。やる気があれば、小学校で英語を学ばなくても「英語力」を身に付けることは可能なはずです。

そこで重要となるものが「教材」です。教材は教育の土台となります。土台さえしっかりしていれば、子ども本人のやる気次第でどんどん習得していくことが可能です。小学校教師にかかる負担も軽減され、まさに一石二鳥といえます。

子どものモチベーションを維持させるためにも、英語教材の選択は大きなポイントといえるでしょう。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション