HOME » 小学生のための英検合格ガイド

小学生のための英検合格ガイド

このカテゴリでは、小学生の英検合格情報を特集しています。

近い将来、英語が小学生の授業科目に登場する可能性が高くなっています。また受験科目に英語を追加する私立中学も増加していますので、英語教育や英検の取得は小学生のうちから始めた方が良さそうです。「でも小さなうちから英検を目指さなくても…」と迷っている親御さんは、以下のメリットを確認してみてください。

【小学生から英検を目指すメリット】

  • 小学生の頃から親しむことで、英語そのものへの抵抗感が薄れる。
  • 英検合格レベルにまで達していれば、学校で授業が始まってもあわてず対応可能。他の教科の勉強に割く時間も増やせる。
  • 大人の間でも通用する資格をいち早く取得することが、自信につながる。

なお、英検の合格には専用の勉強が必要となります。幼少期から「楽しんで学べる」教材・スクールなどで英語に親しんできた子でも、過去問題を解くことで傾向と対策を知り、合格率を高めた方が良いでしょう。

小学生の英検対策におすすめの
英語教材ランキングはこちら!

小学生の英検教材の成功例

以下に、教材を使用して英検対策の学習を行い、見事英検合格を果たした成功例を紹介しますので、要チェック!

吹き出し小学生からの英語教育として、英検に特化した指導内容も含んでいる教材に申込み、頑張ってきました。その結果、意外に早く3級を取得することができたので、とても喜んでいます。私は準2級止まりだったので「お母さんを追い越す」と、本人はやる気満々です。夏休みには私も一緒に、楽しく英検対策の勉強をしていこうと思っています。

吹き出し小学校低学年で3級に合格できただけでも驚きでした。そこでオンラインレッスンをプラス受講させたのですが、家でただ繰り返し教材や過去問題に向かうよりもずっと楽しかったようです。前向きに取り組み、単語もリスニング力もグッとアップさせていました。その成果として、何と準2級も合格!やっぱり子供の好奇心はすごいなと、感心させられています。

吹き出し小4の娘が2級に合格しました!幼児期に英語教育をスタートさせて、小2で5~3級合格、小3で準2級合格と、順調に進んできました。培った英語回路があると、対応する日本語や意味を知らない英単語が出てくる長文/リスニングでも、内容を雰囲気で理解し、正解の記号を選べるようです。苦労して2級に合格した経験のある親としては、とても誇らしい気持ちです。

英検合格した方たちの
体験談をもっと見てみる

小学生と英検の現状

小学生の英語教育に関する方針は、家庭により異なります。「早くから英語に親しみ、苦手意識をなくして欲しい」と考える家庭もあれば、「小学生の時代は、母国語である日本語を学ぶべき。英語学習はまだ早い」と考える家庭もあります。

英語教育しかし結論から言ってしまうと、小学生から英語教育をスタートするのは、とても有益。柔軟で吸収率の高い幼少期に英語へ親しむことで、「英語脳」の順調な発育が期待できるからです。近年はゲーム感覚で楽しめる教材も多数登場していますので、日々英語と向き合ううちに、驚くほど流暢な発音を身に付けている子供も増えています。

対して、教育の機会がなかったため「まったく英語を知らない子供」も同時に存在しており、二極化が進んでいるのです。

【小学生の英検受験状況(2013年)】

  • 英検5級…9万4428名
  • 英検4級…4万804名
  • 英検3級…1万3767名  
  • 英検準2級…4555名
  • 英検2級…2418名

上記の合計数からもわかるように、近年は全国でも15万人近い小学生が、英検を受験しています。その数は10年前に比べ、急増中。受験者数を10倍近く増やした級は5級と準2級、2級となっています。つまり、高校生レベルの英語力を持ちつつある小学生が増えているというわけです。では次に、合格率を見てみましょう。

【小学生の英検合格率】

  • 英検5級…約85%
  • 英検4級…約70%
  • 英検3級…約50%
  • 英検準2級…約40%
  • 英検2級…約25%

内容がハイレベルになる準2級でも、2~3人に1人の小学生が合格しているというのだから驚きです。

こうした動きの背景として注目したいのが、「小学生の受験者の増加と、中学生の受験者の減少」という傾向です。つまり、早いうちから英検にチャレンジし、「3級程度は小学生のうちに取得済み」という子供が増えているんですね。

文部科学省も子供の英語力向上を推進

学校教育を司る文部科学省は近年、英語教育全般を見直しつつあります。「詰め込み式の受験英語」を長く続けてきた結果、英語教育に多くの時間を割いてきたのにも関わらず、実践的な英語力が身に付いていない大人が量産されてしまったからです。

小学生その見直しの第一歩として、2011年に小学校における「5~6年生の外国語活動」がスタートしました。こちらは「教科」ではなく、道徳の授業と同じ「領域」という曖昧な位置づけでした。この段階を経て、2020年には「小学3~4年生における外国語活動、5~6 年生における英語教科のスタート」が実行される見通しです。

また英語教育の基準として「中学卒業で英検3級~、高校卒業で英検準2級~」の合格者割合を、50%にするという目標も発表されています。

今後、国民全体の英語スキルが大きく向上していく可能性もあります。我が子の将来のためにも、この流れに乗り遅れず、小学校からの英検受験・取得を目指そうではありませんか。

小学生の英検対策におすすめの
英語教材ランキングはこちら!

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション