5級

このページでは、小学生が挑む英検5級について調査しています。

小学生が挑む英検5級

英語能力を測る一定の基準として、国内に浸透している英語検定。取得資格として履歴書にも堂々と記載できます。5級は、その最初の目標となる級なので、小学生での受験も充分検討できる内容となっています。

【英検5級の概要】

  • レベル…中学初級程度
  • 語彙レベル…600ワード程度
  • 試験内容…筆記とリスニング、
    スピーキング(級認定には影響しない)
  • 合格率…85%(2013年度)
  • 合格者数…約25万5000人(2013年度)
  • 小学生の合格者数…約9万5000人(2013年度)

上記を見てもわかる通り、5級合格者数の約4割は小学生。英語学習の格好のステップとなっているようです。またスピーキングはそれ自体に合否判決が出されますが、級認定そのものへの影響はありません。つまり、筆記とリスニングの点数さえ良ければ、合格できます。

具体的な出題内容

英検5級の具体的な出題内容は、以下のようになっています。

内容 出題形式 問題数
文脈に合う適切な語句を補う。 筆記 15問
会話文の空所に適切な文や語句を補う。 筆記 5問
文章の内容に関する質問に答える。 筆記 10問
日本文を読み、その意味に合うように与えられた語句を並べ替える。 筆記 5問
会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。
(放送回数2回、補助イラスト付き)
リスニング 10問
会話の内容に関する質問に答える。(放送回数2回) リスニング 10問
短文を聞き、イラストの動作や状況を表すものを選ぶ。
(放送回数2回)
リスニング 10問

5級のレベルは「中学生初級」となっていますが、これは中学入学と同時にゼロから英語学習をスタートした場合が想定されていますので、それ以前から英語学習に励んでいれば、充分に対応できる内容と言えそうです。

勉強のコツ

英検5級で合格するための勉強法を紹介します。

■リスニングについて…
幼少期から英語学習をスタートしている場合は、特に問題なく回答できる内容です。
小学校の高学年から英語学習をスタートした場合、毎日に少なくとも30分程度、聞き取りと音読時間を設けて対策を練りましょう。

■筆記について…
5級は出題の半数以上を筆記問題に費やしているので、獲得点が合否を分けます。
語彙・文法、対話文、並べ替え英作文についての判断・理解力が求められます。
まず5級専用問題集を2回ぐらい繰り返し、弱点を見つけたら、そこを集中的に学習します。特に動詞と時制、疑問詞、前置詞表現などは重視される傾向があります。

なお5級の筆記試験には、単語のスペリングの正確な把握までは求められません。そうした細部より、大局から見た英語の文法や約束事をしっかりと把握していくことが重要です。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション