準2級

このページでは、小学生が挑む英検準2級について調査しています。

小学生が挑む英検準2級

英語能力を測る一定の基準として、国内に浸透している英語検定。取得資格として履歴書にも堂々と記載できます。準2級は小学生での受験も可能ですが、内容はそれなりにハイレベル。1次も2次も、約65%の正解率が合格ラインとなっています。

【英検準2級の概要】

  • レベル…高校中級程度
  • 語彙レベル…3600ワード程度
  • 試験内容…筆記とリスニング(一次)、スピーキング(二次)
  • 合格率…約36%(2015年度)
  • 小学生の合格率…約51%(2010~2011年度)

小学生の準2級受験者は数こそ少ないものの、2人に1人は合格と、高い合格率を誇っています。これは注目に値しますね。幼少期から英語教育に親しんでいる小学生なら、充分に受験価値はあると言えそうです。

具体的な出題内容

英検準2級の具体的な出題内容は、以下のようになっています。

内容 出題形式 問題数
文脈に合う適切な語句を補う。 筆記 20問
会話文の空所に適切な文や語句を補う。 筆記 5問
短文または会話文を読み、前後関係に合うように与えられた語句を並べ替える。 筆記 5問
文章の空所に文脈に合う適切な語句を補う。 筆記 5問
文章の内容に関する質問に答える。 筆記 7問
会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。
(放送回数1回、補助イラスト付き)
リスニング 10問
会話の内容に関する質問に答える。(放送回数1回) リスニング 10問
短い文章の内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
リスニング 10問

準2級のレベルは「高校中級程度」となっていますが、これは中学入学と同時にゼロから英語学習をスタートした場合の想定。それ以前から英語学習に励んでいれば、対応できる内容と言えそうです。

勉強のコツ

英検準2級で合格するための勉強法を紹介します。

■リスニングについて…
過去問題を多く聞き、その音声に慣れましょう。 付け焼刃の準備では対応できないレベルになってきているので、毎日リスニング学習を欠かさないようにして下さい。

■筆記について…
他の級同様、過去問題集を繰り返し解いていくことが大切です。
単語や文節などの細かい単位ではなく、長文を読んで大まかな内容を把握できる読解力が求められます。また抽象語が頻出するので、派生語なども意識して習得していく必要もありそうです。
語彙は高校生レベルが求められます。準2級から問題数が増えるので、語句の補完や並べ替え問題に関しては、短時間で回答する能力が必要となってきます。わからない単語が出てきたら、その都度復習してどんどん定着させましょう。

■スピーキングについて…
50語程度の英文と2つのイラストを見て、面接官の質問に英語で答える内容が出題されます。
3級に比べると評価基準も高くなってきますので、コミュニケーション能力だけでは不充分。
問題集に付属しているCDや、スクールでの専用対策が必要となってくるでしょう。

小学生の英語教育は「熱心な家庭」と「無関心な家庭」に二極化しているといわれます。準2級の合格は、小学生のハイレベルな英語力の証となりえますので、取得を目指して頑張っていきましょう。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション