3級

このページでは、小学生が挑む英検3級について調査しています。

小学生が挑む英検3級

小学生 英検3級

英語能力を測る一定の基準として、国内に浸透している英語検定。

取得資格として履歴書にも堂々と記載できます。

3級は小学生での受験も充分検討できる内容ですが、中学校の英語教育レベルはマスターしている必要があります。

ほとんど英語教育の経験がない小学生にいきなり3級を受験させるのは、無謀と言えるでしょう。

【英検3級の概要】

  • レベル…中学卒業程度
  • 語彙レベル…2100ワード程度
  • 試験内容…筆記とリスニング(一次)、スピーキング(二次)
  • 合格率…54%(2013年度)
  • 合格者数…約33万人(2013年度)
  • 小学生の合格者数…約1万4000人(2013年度)

小学生の3級受験者の、2人に1人は合格できないという状況もあるので、気を引き締める必要はありそう。また3級試験から、スピーキングも合否判決に影響が出るようになります。一次・二次のいずれも6割程度の正解が合格ラインです。

具体的な出題内容

英検3級の具体的な出題内容は、以下のようになっています。

内容 出題形式 問題数
文脈に合う適切な語句を補う。 筆記 15問
会話文の空所に適切な文や語句を補う。 筆記 5問
文章の内容に関する質問に答える。 筆記 10問
日本文を読み、その意味に合うように与えられた語句を並べ替える。 筆記 5問
会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。
(放送回数1回、補助イラスト付き)
リスニング 10問
会話の内容に関する質問に答える。(放送回数2回) リスニング 10問
短い文章の内容に関する質問に答える。
(放送回数2回)
リスニング 10問

3級のレベルは「中学卒業」となっていますが、これは中学入学と同時にゼロから英語学習をスタートした場合が想定されていますので、それ以前から英語学習に励んでいれば、対応できる内容と言えそうです。

勉強のコツ

英検3級で合格するための勉強法を紹介します。

■リスニングについて…
4・5級に比べ、配点比率が高まってきています。
過去問題を多く聞き、その音声に慣れましょう。 試験前の1ヶ月間は、毎日リスニング学習を行うようにして下さい。

■筆記について…
基本的に出題される問題のパターンが決まっているので、過去問題集を繰り返し解いていくことが大切です。
単語や文節などの細かい単位ではなく、長文を読んで大まかな内容を把握できる読解力が求められます。
また4級に比べ、倍の語彙を求められます。「文脈に合う適切な語句を補う」出題は最多の15問なので、ここで得点を得られるかが、合否を分けるポイントともなりかねません。わからない単語が出てきたら、その都度復習して定着させる努力が必要になってきます。

■スピーキングについて…
30語程度の英文と1つのイラストを見て、面接官の質問に英語で答える内容が出題されます。
3級のスピーキング試験は、内容の正確さよりも「英語で会話しようとする積極性」「コミュニケーション能力」が評価されます。
つまり「間違ったらどうしよう…」と黙ってしまうより、間違えても良いから何かしら反応して、会話を成立させていければ、加点してもらえます。
幼少時から英語学習に触れている小学生なら、問題なくクリアできそうですね。

英検3級合格は、小学生にとって一定のレベルクリアを証明できる良い機会です。一度ダメでもあきらめず、合格を目指していきましょう。

英検3級を合格するために求められていること

リスニング

英検3級は、当然4級よりも難しくなっていますが、基礎が出来ていれば合格ラインのハードルはそれほど高いわけではありません。試験全体の6割程度が正解であれば合格点となります。

ただし、英検3級は一次試験となる筆記とリスニングがかなり難しいと言われています。

逆に一次試験で6割正解していれば合格したといっても良いぐらいなので、バランスよくこなせるようにしておくことが重要です。

特に、リスニングは聞き逃してしまったらアウトです。やり直しや見直しが出来ないので、きちんと聞ける体制を整えられるようにしておかなくていけません。

そのためにも、筆記試験の方は早めに終わらせられるように、きっちり練習しておくことがポイントです。筆記試験が早く終われば、その分リスニング問題を事前に確認する余裕ができますから、余裕を持って試験に望めます。

いずれにしてもどちらかが苦手だと、そこで正解率が下がってしまうので苦手分野を作らないようにすることが効率の良い勉強法です。

ただし、6割以上が合格ラインだとしても、ぎりぎりでは本番で失敗してしまうかもしれません。ですので、確実に合格するためには7割以上を取れるようにしっかり勉強しておきましょう。

英検3級に出てくる単語や熟語を理解しましょう

英検3級で出題される単語は、中学3年までに習うもので約1300語程度だと言われています。4級では約600語ですから、単純に計算しても倍以上の単語を覚える必要があります。

それだけでも大変なのですが、英検3級の単語は派生語も多いですから、同時に覚えておくのがベストです。派生語を覚えておけば、単語力が何倍にもなりますし、その単語に対する理解力も深まります。

これはリスニングなど他の試験においても活かされるので、ぜひ単語から派生語までの意味をしっかり理解しておきましょう。熟語は、前置詞とセットになっているものが出題される傾向にあります。

と言っても、take off(離陸する)というような普段の生活で比較的使われる熟語が多いですから、あまり難しくありません。

また、過去の出題で見ると熟語は数問しか出されていないので、勉強の割合で言えばそこまで時間を割く必要はないでしょう。

ですが、熟語を理解しておかないと英文法の問題でつっかえてしまう可能性があるので、まったく勉強をしなくて良いというわけではありません。

英検3級では、英文法の問題が占める割合がとても高く、前置詞や接続詞をきちんと理解する必要があります。ですので英文法に使われる熟語に関しては、単語同様に頭にきちんとインプットできるよう学習しておきましょう。

試験に合格するために、過去問を活用しよう

「筆記について」でも記載していますが、英検3級の試験は過去問から出題されることが非常に多いです。過去問というのは過去の試験で実際に出題された問題のことで、英検3級では毎回似たような問題が出される確率が高いのです。

そのため、合格のための参考書や問題集などでも、過去問がメインになっているのが一般的です。ですので、試験対策のために、たくさんの過去問を解くというのは効果的な勉強法と言えるでしょう。

ただし、ただ漠然と問題を解いていくだけでは過去問を十分に活用しているとは言えません。過去問を上手に活用するには、まず試験と同じ時間配分で行いましょう。英検3級の合格は時間との戦いといっても過言ではありません。

どの試験にどれぐらい時間をかけるのか、一番効率よく回答できる試験を把握していれば、時間がかかってしまう分野を強化できます。ただし、紙ベースの過去問では何回も練習できないので、オンライン英会話など毎回新たに取り組める教材を活用するのがおすすめです。

小学校から英語の授業が始まったことで、最近では小学生のオンライン英会話も豊富になっていますし、内容も過去問から予想問題まで充実しているので、一度チェックしてみるといいですね。

こんなにちがう!!小学生ママのための英語教材×わが子の年収シミュレーション